泊男の神待ち体験談!よくある3つの事例

神待ちをしている家出女性との出会い方を公開!出会い掲示板の活用方法を初心者向けにレポート。
MENU

泊男の神待ち体験談!よくある3つの出会いのパターン

神待ちを探している泊男の出会いには3つの代表的な出会いのパターンが存在する。
著者が体験した3つのよくある事例から神待ち女性に対する対応策を体験談からお伝えしようと思う。
ようやく神待ち女性を家に泊められる!

 

そんな時には、3つのよくある体験事例を思い出して欲しい。

 

神待ちの出会いは数多くのリスクを内包する。
泊男の神待ちの失敗体験からは、学べることが大きいだろう。

 

よくある体験①~未成年の神待ち女性が現れた

2016年の夏。場所は池袋。『今マックにいるから、これから会いませんか?お泊りも大丈夫です』って言う割り切りの内容である。ちょうど池袋のカフェにいた俺は即座に腰を挙げた。30分後、池袋の北口で彼女と出会う。割り切りの条件は、『ホテル宿泊代別で2万円』と言うのが条件である。

 

彼女を見た瞬間、、、、

 

目がパッチリしていて可愛い。それに肌がメチャメチャ艶がある。しかもかなりの幼児体験。

 

若過ぎるな・・もしやJKか!?っていう不安がよぎった。しかし、人間は自分の都合の良い方を思う傾向が強い。俺もその例外ではない。しかし、出会い系サイトの写メには違和感を感じたのも事実。むしろ、この雰囲気に魅力が惹かれたのだ。

 

神待ち女性

 

だが、『まさか!18才未満と言うことはないだろう!』即座に不安を押し殺す。歩きながら彼女に聞いたとこと、埼玉から家出をしてきていると言う。一週間以上、先輩の家に泊めてもらっていたらしい。自分の身の上を会ったばかりの男性に話す彼女。急に嫌~な予感が走る。

 

思いついたように、唐突に彼女に聞いた。『まさか18才未満じゃないよね?』そう聞いた途端。彼女からの反応はない。無言。もう一度俺は彼女に聞こえるように言った。『関係ないじゃないですかぁ?大丈夫ですよ』って言いづらそうに伝えてきた。

 

『正気か?いやいや!オオアリじゃん!』
俺は心の底で叫んだ。

 

この瞬間!あ~18才未満の女子と遭遇してしまったと確信した。次の瞬間には携帯から連絡が来たフリをする。そして、急用ができたことをJKらしき彼女に伝える。『悪い!これで、勘弁して!行かなきゃ!』五千円を彼女の手に握らせて、即座に背を向けて現場から離脱。でも、帰った後に惜しい気分になって後悔する。だって超可愛かったんだもの。

 

しかし、この欲望に打ち勝って!臨機応変に対応できる俺は懸命だと我ながら思います。いつ呼び出しがくるかわからない恐怖の生活をするよりはよっぽどマシだからである。

 

よくある体験②~神待ち女性が家に居候して帰ってくれない

家出の女性


2013年頃。ワクワクメールの2ショット機能で仲良くなった24才の女性。会話の途中、今、泊まる場所がないという悩みを打ち明けられる。通話料がかかるので、直電で話しても大丈夫?って聞いたら連絡先を教えてくれて直電。

 

仕事もない。頼る親もいない。満喫に泊まりながら、日払いの仕事でなんとか食いつないでいるとのこと。半分ホームレス化している彼女が可哀想に思えた。東京都内には、このような半分ホームレス化している女性が埋もれているのである。これこそが、本物の神待ち女性である。『本当にピンチで困っているんです』という切ない声で即決した。

 

情に流されて、俺は自宅に彼女を呼んだ。自宅近辺の駅で待ち合わせ。会った瞬間、決してブスではない。だが、可愛いわけでもない。強いて言えば、足腰が細くてスタイルが良い点は評価できるところだった。そして、そのまま自宅へGO。

 

一週間後、まだ彼女は俺の自宅で居候していた。追い出すにも、申し訳ない状態。だが、恋人にしたいわけでもない。セックスも飽きた頃合い。むしろ、自分の時間が欲しくてたまらない想いが強かった。12畳のワンルームマンションでは、男女がいつも一緒というのは息苦しくなってくるのだ。

 

しかも、彼女は日払いのコールセンターの仕事も無断欠勤によりブッチしたままだと言う。だから、俺の家で、俺のお金を頼りに、食っちゃ寝の生活を続けていたのである。料理もしない。掃除も言われないとしない。24才にもなって家なき子の神待ちになる理由がわかる。

 

意を決して、家出女性に出ていって貰えないかを伝える。東京都の相談所や公共の施設も紹介してあげた。だが、彼女は後3日だけ居させて欲しいと言う。仕方がないから3日の約束で居させることに。その間、気まずくて会話もロクにしない状態が続く。

 

3日後、約束通り彼女は俺のワンルームマンションから出ていった。俺が仕事に言っている間。お礼の置き手紙もなし。けど、俺は開放感から大きなため息をフーっ!!と付いた。ようやく開放された安堵感で久しぶりの一人の時間を堪能。その3日後には、また違う女性の肌が恋しくなるのが男の悲しい性であった。

 

よくある体験③~一晩だけの神待ち女性

2017年の2月10日。一晩だけの神待ち女性との出会いは難しくはない。出会い系サイトの割り切り募集の掲示板では簡単に探せる案件だキーワード検索で『東京 お泊り』と検索するとズラッと案件が探せるからである。

 

時間を要するのは、業者・プロの援交女性を回避して素人の援交女性に適切なアプローチをすることだけ。およそ2時間後、ちょうど条件に当てはまる割り切り女子との交渉に成功。条件は、『ホ別2万五千円で一晩OKですよ』という案件である。当初、3を要求されたのだが、値切ってこの条件。

 

彼女が家出娘かどうかは、この際、関係はなかった。

 

一晩だけ会話して、一晩だけ抱いて、その場限りの出会いがしたいだけだったからだ。距離が近すぎる出会いは、2013年の家出女性との同棲で懲りている。しかし、風俗の女や、プロに徹しきっている援交女よりは、楽しい時間が過ごせるからである。

 

時間を気にしないで、自然の流れでエッチできるし、元気があれば二回戦も可能。このような一晩だけの泊男が一番おいしいと感じるのは、俺だけではないはずである。

 

話しは逸れたが、お泊りOKの割り切り女性と22時に渋谷の道玄坂で出会うことになった。待ち合わせ場所に現れたのはキャバ嬢っぽい細身の女性。年は19才。『お~いけるやんけ』って心は踊る。そのまま。渋谷のホテルへGO。

 

ただ、残念過ぎたのは、ホテル内であまりに会話に夢中になり過ぎて、酒を飲みすぎてしまったことである。お互いに大好きなアニメや共通の価値観に会話に華が咲きすぎたのである。いつでも、抱けるという油断がこの失敗を招いた。つまり、、、

 

俺は、酔っ払ったままいつの間に寝てしまった。

 

朝、気がつくと、彼女は背中を向けて寝ている。時間は9時。なんとかエッチせねばと思い、俺は彼女を襲いだした。寝ぼけている彼女は多少抵抗するも、『待って~もう~』って面倒くさそうな感じだったが、簡易なエッチだけは済ませることができた。
神待ちギャル

 

このようなパターンになるのは俺の悪いクセでもある。エッチの部分では後悔したが、恋人気分の濃密なコミニュケーションに満足する出会いだった。ちなみに、彼女は家出娘ではない。神待ちをしたことある?って聞いたら、『高校生の時に一度だけ!』って気まずそうに話していた。

 

泊男の基本は、18才未満の女子高生の神待ち案件には必ず用心しなくてはいけない。

 

出会える系の神待ちサイト一覧

このページの先頭へ