神待ち少女と出会い夏の夜にセックス5回戦した体験談を紹介します。
MENU

神待ち少女とセックス【5回戦】した体験~家出とHは麻薬並みの刺激

神待ち_セックス_少女

今回は当サイトのサイトを見て神待ちを実行した読者様からの体験談を紹介します。セックスの描写が生々しかったので掲載することにいたしました。

 

※一部読みやすく編集しています。

 

41歳 東京 会社員 男性 

 

とある神待ち掲示板で知り合った18歳のギャルっぽい家出少女と出会う事ができましたので報告します。結果を言うと、一晩で5回セックスしてかなり大満足だった体験になります。もちろん、今まではハズレは沢山引いてきましたが。

 

彼女は本来高校3年生だったそうですが、事情があり中退したようです。見た目は完全にギャル系。

 

「こんちわ!」とテンション高めで律儀に挨拶をしてくれました。

 

「こういう掲示板を使って出会ったから、セックスすることになるかも知れないけど、いいの?」

 

と尋ねると、

 

「街を一人で歩いていると補導されちゃうし、最悪知らない人に襲われるかも知れないし…。だったら、あなたみたいにセックス目当ての男の人の方がマシかなって(笑)」

 

私が、夜な夜な神待ち掲示板で家出少女を探してるような危ない見ず知らずの男なのに、かなり軽く考えているのでしょう。状況に反して元気はある子でした。

 

彼女と出会ったのは夜の原宿。たしかに18才が22時ごろにウロウロしてたら、間違いなく補導されるでしょう。話を聞くと家族と喧嘩して家を飛びてきたらしい。

 

私は車で来ていたので、とりあえず車の中でお茶を飲んでもらい、どうするか話をしていると自分から「ワリしても大丈夫です。そのかわりお金をくれませんか?」と。

 

慣れている感じがしたので、援交も神待ちも初めてではないでしょう。

 

話が分かりノリも良い子だったので、ふざけて「じゃここで気持ちよくしてもらったら、とりあえず1万円お小遣いをあげようかな(笑)」と言ったら「ほんとにー!??」と乗ってきました。驚きの適応能力です。

 

いきなりですが、車内フェラしてもらう事にしました。

 

このときの家出少女に対する対価は、焼き肉・パフェ・お金・キレイであれば宿(私の家)を提供することに。

 

「下半身ヤバイかんじ?w」

 

って聞かれて「かもね」って言ってから、笑いながら股間をスリスリしてきたので、ズボンを下ろすと「きゃ〜はやいはやい(笑)」と言いながらも、股間を凝視。このリアクションはビッチでしょう。お金がきまればテンションが上がっていくのはさすが18才という若さといった所。

 

ズボンを脱ぐと「じゃここ座って?」と言われるありさま。言われるがままに座ると、私のトランクスの両足の隙間から両手を入れるAちゃん!

 

ファ!??

 

と私の変な声が出て「うわ〜すごいことになってるw」と言われながら、局部をもてあそばれます。

 

亀頭を攻めるのが上手です。

 

舐めて?と言うと「舐めて欲しいの?」と焦らし上手な対応をされます。ただの家出少女ではありませんでした。

 

フェラも目をつぶりながら顔を上下させ、舌が口の中でぐるぐる回っています。みるみるうちに私のちんこは固くなっていき、「ヤバイもう出そう」と言うと

 

「う〜〜ん…いいよ?」とイタズラっぽく答えます。

 

でも、ちんこを握りしめてシコシコしていると途中で緩めたり手を離したりなかなか、イかせてくれません。

 

「え…あ…あれ?イって良いって言ったじゃん」

 

「え〜私そんな事いったっけ〜?忘れちゃった〜

 

この女は酔っているのか!!???とても神待ち少女とは思えません。

 

「限界まで我慢する?」と謎に攻めくるAがちゃん。痴女ですか?でも最終的には高速手コキとフェラによりカッツリ口内射精をさせてくてました。

 

「んん〜苦〜い!」と言ってティッシュに勢いよく吐き出されました。そこは飲んでくれないんですね。

 

そのあと約束通り約肉に連れいくと「やった〜〜!」と大喜び。性欲にも食欲にも素直な子なのでしょうか??原宿にある「SEIKO-EN 原宿」という焼肉屋に行きました。

 

焼き肉を二人で食べていると、彼女がバイトしていること、あと数日で給料日であることも分かってきました。お金が入ればなんとかなると言っていたので一安心。何泊も泊めるのは経済的に厳しいので。

 

Aちゃんがちゃっかり2900円のパフェも食べたあと、「キレイだったら泊まりたい」という条件で我が家もくるとに。

 

幸い特別きたなくなかったので、泊まることになりました。「ふつーにキレイだね」って言われました。

 

部屋に戻ると深夜2時頃でしたが、ついつい性欲が復活してしまい、Aちゃんを求めました。

 

すると彼女もすっかり信用してくれたようで、リラックスして身を委ねてくれます。

 

ちなみに彼女には飯代抜いて5万円を渡しました。

 

Aちゃんは夏らしくスカートを履いていたので、ベットで二人で座るとさらにムラムラしてきます。

 

「もう、溜まったの??」と聞いてきたので「君が可愛いからね」と言っておきました。

 

彼女のパンツを脱がすと剛毛がこんにちわしてきました。性欲が強いからでしょうか。おっぱいは人並みでしたが、スタイルは抜群です。私のネットの出会い史上おそらくNo.1です。

 

乱れた服をきたまま、プレイを始めます。

 

手マンするとちゃっかり濡れていて指を入れた瞬間から「あん!」といやらしい声を漏らします。

 

んん〜!と言いながら黒髪を見出しながら感じているAちゃん。こんなど素人が掲示板にひそんでるとはネットも馬鹿になりません。

 

ビクビクしてるAちゃん。こちらも股間がパンパンになってきたので、ゴムをつけて準備します。一瞬ゴムなしで中出しセックス…という事も脳裏をよぎりましたが、ビッチですから辞めておきました。

 

ぐっと挿入すると、それだけで眉間にしわを寄せながら感じてます。

 

最初は正常位でしたが「あぁ〜いきなり…やばいよ…あん!!!」とかいいながら喘ぎまくり。

 

さっきフェラしてくれてた時は「すぐイッちゃだめだよ」的な謎のSキャラでしたが、すっかりMになっています。

 

バックのときは丸い色白のお尻をキュッと突き出してきて、自分の気持ち良い格好に勝手になっていきます。若いビッチは本当にたまりませんね。

 

「こうやったら気持ちい??」と腰の角度を調整すると「…それ…イキそう…」と小声で言う彼女。「イキたい??」って言うと「イキたいです」ともはや従順になってきています。

 

そのまま腰を振っていると急にガクン!と腰を落として、Aちゃんがイッてしまった様子。快楽に沈んでいる彼女の歪んだが顔がたまりません。

 

そのあとは、バック→騎上位→正上位という形でフィニッシュ。とんでもなくエロい子でした。一晩寝た後もついつい性欲が沸いてしまい、24時間の間に5回は発射してしまいました。久々の激しいエッチができました。

 

Aちゃんは本当に数日後にバイトの給料が入ったという理由で、我が家を出ていきました。まる2日間だけの神待ち少女との同棲でしたが、今回ほど良かった成功体験はなかったです。

 


このページの先頭へ