MENU

新潟市|新潟~神待ちの相場と出会い

新潟

新潟県新潟市の神待ち掲示板の状況を紹介します。残念ながら新潟県ではあまり家出少女はいないようです。

 

新潟県の地方でそこそこの面積がある場所では、家出する女性がそもそも少ないので期待はできません。

 

ただ、人妻である専業主婦や育児で疲弊している女性が一時の癒しを求めて、家出願望をかかえている事があるので、既婚者である女性にもアンテナを張る事で家出女性を探す事ができるでしょう。

 

新潟市の神待ち掲示板の状況

大手のワクワクメールとPCMAXを探しましたが、掲示板・プロフィール共に神待ち案件はほとんど見つかりませんでした。

 

神待ち女性ではありませんが、PCMAXで育児につかれた人妻が家出の募集をしていたので、こうした募集に素早くメールできるか?が地方の戦略になっていくでしょう。

 

新潟_家出_人妻

 

この女性はプロフィールを見る限りギャルな主婦そのものです。子供の育児で疲れた~や、温泉に行きた~いなどと日記を書いて遊びたい欲求が丸出しです。

 

ご存知でしょうか?家出したいと思ってるのは若い10代だけじゃなく、既婚女性にも一定数いるという事を

 

彼女たちは日々のストレスを回避するためには、日常から離れないと不可能ということを知っています。だから、不倫して温泉旅行して非日常を楽しむようになっていきます。

 

10代の神待ち少女を抱きたい男性も多いかもしれませんが、こうした既婚女性の家出願望をキャッチして出会いにつなげるのも選択肢の一つでしょう。

 

関連:神待ち掲示板アプリ【3選】とは?

 

新潟市の神待ちに使える安いラブホテル

JR新潟駅から歩いて行ける距離にありやすく綺麗で評判の良いラブホテルはこちら。神待ち女性と行きやすいです。

 

ホテル名:ホテル ビオラ
住所:新潟県新潟市中央区花園2丁目1-22

 

新潟で家出願望がある人妻を連れていくなら、温泉が出るラブホテルもあります。外観はピンクでいかにもですが、温泉の評判は高いです。

 

ホテル名:ホテル アン 新潟店
住所:新潟県柏崎市小黒須草久保218-3

 

 

新潟市の神待ち体験談

今回は新潟市でワクワクメールを活用してる男性の家出人妻と不倫関係に陥った体験談です。

 

新潟県 会社員 男性 50歳

 

43歳の主婦ですが割り切った大人の関係を希望します

 

という書き込みをワクワクメールで発見。この段階で私がメールを送ると「ぜひお会いしたいですね!」と返事が。でも「最初はお話だけでもいいですか??」と言ってきたので「もちろんですよ」と答えます。

 

ま。心の中では手を出す気満々だったのは言うまでもない。

 

数日後に車でデートをすることになり、近くのスーパーの駐車場で待ち合わせ。日産のノートを運転して現れたのは、やや小太りだけど清楚系な主婦という感じの女性。思わず割れの極太マラは臨戦態勢に入った(笑)

 

初めまして。サユリです。よろしくお願いします」と明るい感じで挨拶してくれました。

 

私は迷うことなく「詳しい話は部屋でゆっくり話しませんか!?」と言いました。サユリさんも「そうですね!」と言ってくれて一安心。これでHが確約されたようなもの。ラブホテルに向かいました。

 

道中で色々聞くと、どうやら今は旦那を一人家に残し家出中だという。それで、出会い系で割り切りを装って会う人を決めていたんだとか。割り切りは言い分で本当は単に話相手が欲しかったんです。と言っていた。

 

神待ちとは違うかも知れないが、本当に人妻も家出することがあるんだなと驚き。お小遣いの話が出ると思ったが、お金が欲しくて出会ったわけじゃないという事で、やんわり結構ですと言われた。ラッキーラッキー。

 

ホテルに入って、私とサユリさんは向き合いながらソファーに座ります。

 

「こっちおいでよ」と誘うと一瞬ためらったものの、すぐに私の膝に座ってくれました。抱き寄せながらサユリさんの首にキスをすると抵抗もなく受け入れてくれます。そのままディープキス。サユリさんの舌が絡みつきます。

 

ゆっくりブラウスを脱がすと黒のレースで縁取られたブラが見え、Dカップくらいの白い乳房が目に飛び込んできた。ブラの上から乳首のある場所を指でこりこりと押し付けるように触ると、だんだん固く立っていく乳首。

 

ああ~ん」と声を漏らすサユリさん。

 

そのまま、彼女のおっぱいを愛撫しながら、右手でスカートを捲し上げて太ももを触ります。自然と足を広げてくれるサユリさん。普段は旦那から全く構ってもらってないと言っていたので、積極的です。黒いパンツが見えて上かから触ると湿っている。家の外でこんなことになってるなんて…。

 

「いやらしいね…濡れてるよ?」と言うと

 

いやあ~。恥ずかしいよ…」と言いながら抱きしめてくれるサユリ。

 

そこから焦らしを繰り返しながら彼女のあそこをジワジワと愛撫していきます。我慢できずパンツをずらして、おまんこを触わるとねっとりした暖かい液体が指に絡まる。

 

ああん」と声をあがえるサユリ。どんどんいやらしい声になっていく。私が顔の位置を下げていき、おまんこを舐める体勢になりました。ペロッと舐めるとまたサユリが喘ぐ。

 

あん!ダメよ。まだ洗ってもないのに」と言われたが、じゅるじゅるとワザと音を当てて舐めまわす。

 

最初はダメと言っておきながら、今度はクンニに合わせて体を動かすサユリ。ビラビラからクリトリスまで舐め終わったタイミングで今度は手マン。彼女の膣にグッと人差し指を入れてGスポに狙いを定めてトントントンと刺激する。すると

 

あぁぁん!ああん!いいわああ~!気持ちいい~!もっとしてえ~」とおねだりしながらあそこをグッチョリ濡らして腰を軽く振る。それも何度も「あん!」と言ってイっていたよう。足もガクガクと痙攣するほどでした。

 

私もパンツを脱ぎデカマラを取り出すと、「大きいねえ」と言ってくれるサユリ。「これが欲しい??」と聞くと「欲しいわあ~」とドスケベな顔で言う。

 

ちなみに、サユリさんの体は40代にしては張りと弾力のある肌。胸は美乳だし、くびれもある。そしてデカ尻という最高の熟女ボディだった。

 

ゴムはつけてね」と言われたから、ゴム装着。正上位で挿入。「太いよ~ああ~ん!キツイ!この感じがイイのよ。すごく気持ちいわあ!」と嬉しそうに言って、自らも腰をグングン動かす。

 

正上位・騎上位・バックも全部楽しむことができた。

 

常時が済み、別れ際に「今日はすごく緊張したけど、こんな気持ちいエッチは久々だったわ~」と抱き着いてくれた。

 

彼女とはそれ以来、たびたび不倫関係を楽しむようになっている。今はもう家出せずに旦那と静かに暮らしているそうだが、たまに会うと平日の昼間から熱いセックスができるから素晴らしい出会いとなった。

 


このページの先頭へ