岡山市|岡山~神待ちの相場と出会い

岡山県の岡山市の神待ち掲示板の出会いを紹介します!実際の掲示板で家出してる募集の調査!岡山で家出女性と出会った失敗体験談とは?
MENU

岡山市|岡山~神待ちの相場と出会い

岡山

岡山県岡山市の神待ち掲示板の状況を紹介します。

 

はっきり言って岡山県で探すのは難しいです!

 

なぜなら、中国地方で家出すなら、東の広島に西の大阪があります。兵庫も大きいのでそちらに家出女性が移動するからです。関係ないでしょ!と思う人もいるかも知れませんが、家出は繁華街の方が圧倒的に多いです。なので岡山県という微妙な地域だと家出するのも微妙という認識になるのは自然な流れです。

 

岡山市の神待ち掲示板の状況

岡谷市の神待ち掲示板の状況は2018年9月4日現在はゼロです。ワクワクメールPCMAX。ミントC!Jメール。メルパラ各種大手サイトでさがしましたが見付ける事が出来ませんでした。プロフィール検索もしましたが、何も引っかからず。

 

このように神待ち掲示板を持ってしも、家出・泊・宿なしなどのワードで検索できない時は、「ネカフェ」や「満喫」と調べてみましょう。ピンチの女性の書き込みを見付ける事ができるかも知れません。

 

ワクワク_岡山

 

こうした突発的な「宿無し状態」はかなりレアです。それにタイミングが合わなければ何もできないので、運もあります。

 

岡山市の神待ちに使えそうなラブホテル

神待ち少女のようにいつ出会うか分からない女性とでも利用しやすい、リーズナブルなラブホはコチラです。料金が安く駅に近い。人気の安いラブホテルです。部屋は狭いですけどね。小部屋にベットがドーンのビジホのようでした。

 

ホテル名:ホテル クリオネ
住所:岡山県岡山市北区磨屋町7-9

 

岡山市の神待ち【失敗】体験談

実際に岡山市で神待ち少女と出会った男性の体験談を紹介します。今回は派手に失敗した体験になっています。ま、出会い系サイトですから。そういう事もありますよね。

 

※いただいた体験談を読みやすく一部編集しています。

 

岡山県 会社員 25歳

 

もう、どこにこの「モヤモヤ」をぶつけて良いかわからず、こちらのサイトを見付けてメールをお送りいたしました。その女は家出中のいわゆる「神待ち」女性だったわけですが、完全なる失敗談です。

 

ある時、ネットカフェを利用中に思い立ち、出会い系サイトを登録してみた時の事でした。以前から神待ち少女が出会い系サイトを使って援助してくれる男性を探しているという噂を聞いていたので、試しくなったというのもあります。

 

深夜だったので、終電までの時間に良い出会いがあれば、その子にゆだねてホテルで泊まろうと考えていました。しかし、やっぱり家出してる子なんて早々見つかるものではありませんね。しばらく、それらしい募集内容は見付ける事ができませんでした。

 

すると一人の女性の書き込みがありました。

 

家出中です!助けてください!

 

きた!これだ!と思い、メールします。すると「ラインで話した方が早いので、ライン交換しませんか?」とのこと。これはいい流れ!と思いすぐライン交換。私は高揚しました。彼女は、自称「背がやや高いぽっちゃり」さん。

 

私の年齢より下という事で期待も高まります。

 

ラインで早速電話をすると、アニ声の女性が出ました。やった声も可愛いじゃん!時間とお互いの服装を話して岡山駅の桃太郎像まで迎えに行きました。

 

駅前にい神待ち少女。

 

そこにいたのは、マ〇コデラックスでした。正確に言うとマ〇コデラックスに激似の女性でした。ここでは、デラックスと呼びましょう。

 

デラックス「コンバンワ~!

 

私「…あ、こんばんわ…」

 

年齢や服装・声もそのままでした。でも明らかにぽっちゃりではない!巨象かトドかマ〇コデラックスと言ってもらわないと、これはイメージできません。軽く三桁はあろう。BWHのサイズもすべてm単位であろう。

 

既に、終電はありません。意を決して歌舞伎町裏のラブホに入室しました。

 

ちなみに、デラックスはかなりの喋り屋でした。どういう経緯で家出したかは分かりませんでしたが、今は友人の家から追い出されたと言っていました。たしかに、荷物は相当大きかったです。

 

デラックスはラブホテルに入るやいなや、自分で服を脱ぎ捨てて、勝手にお風呂に入り、テレビをつけて、煙草をふかして、冷蔵庫のビールをごくごく飲んでいました。ふてぶてしい態度のフルコースを自然にふるまうデラックスに驚きでした。

 

頃合いをみて、私も「お風呂入るね」と言って、お風呂に入りました。ゆっくり湯船に遣って「本当にコイツとヤルのか?」と考えていると、隣の部屋からテレビの音にまじり、低音の地響きのような音が聞こえてきました。その時は何の音か分かりませんでした。

 

お風呂から出て、ベットを見ると唖然…。いえ、驚愕しました。地響きはデラックスの「いびき」だんです。

 

爆音でした。こりゃたまらん。と何回かゆすっても、大声で声をかけても全く動じません。寝ているトトロに遭遇したような気持ちでした。女もここまでくると野獣です。

 

仕方なく、フロントに電話してホテルを出る事にしました。

 

「自分だけ急用ができたので、先に精算して帰りたい。連れは寝ている」と言ってラブホのスタッフに来てもらいました。一応安否確認をしてもらった時のスタッフのギョッとした顔と「これは、すごいですね~」という言葉が印象的でした。

 

家出して疲れていたのかも知れません。ろくにベットで寝る事も出来なかったのかも知れません。神待ちって実際めちゃくちゃ過酷だと思います。実際にそういう助けを求めている宿なき女性がいるという事もよく分かりました。

 

ですが、必ずしも女性が可愛いとは限らないという事もよくわかりました。ものすごくふてぶてしいマ〇コデラックスと出会う事もあるかも知れませんね。私は、この後むなしく始発を待つためにネカフェで丸まって寝ました。

 


このページの先頭へ