札幌市|北海道~神待ちの相場と出会い

北海道札幌市の神待ち掲示板の出会いを調査!北の繁華街「すすきの」に神待ち少女はいる?実際にあった家出少女との体験談も紹介。
MENU

札幌市|北海道~神待ちの相場と出会い

すすきの_神待ち

北海道といえば札幌市。札幌市と北の歓楽街「すすきの」がりますね。そんな夜の街の顔を持った札幌なですが、神待ち掲示板で出会いを探すのは難ありな場所です。

 

札幌市の神待ち掲示板の状況

札幌市の神待ち掲示板で出会い募集があるかな…と思ってみましたが、全然ありませんでした。ワクワクメール・PCMAXという鉄板2サイトでも見付ける事ができず!

 

札幌市では家出少女はいないのでしょうか?

 

はっきり言って、北海道で家出少女と出会うのはかなりの難易度です。

 

なぜなら、北海道は寒いからです。札幌ももちろん寒いです。東京に比べたら極寒です。そんな寒冷地で家の居心地が悪いから家出する!とか、親と喧嘩したから家出する!とか言って本当に家出できるのでしょうか?

 

現実的に生きていけないですよね。

 

知っていますか?札幌にはあまりホームレスいなんですよね。外にいたら寒さで死んでしまうので、冬場は特に施設に送られたりすることがあるんです。

 

そのくらい北海道を宿無しで過ごすという事は厳しいという事です。

 

ただ、神待ち掲示板ではなく、サイトのプロフ検索をすると、少し過去の家出少女を見付ける事ができます。

 

ワクワク_札幌

 

現在家出中です!というタイムリーな書き込みはなかなか見つけづらいですので、あれば超ラッキーというぐらいの気持ちでサイトを利用すると良いです。

 

札幌市の神待ちに使えそうなラブホテル

札幌で神待ちに使えそうなラブホテルは、「ホテル ラ・メール」です。南北線の中島公園駅から歩いて2分ほどの場所にあり低価格で出入りも自由。食事はやや高めなので、向かいの北海道限定のコンビニ「セイコーマート」を利用するのが良いでしょう。

 

ホテル名:ホテル ラ・メール
住所:北海道札幌市中央区南8条西4丁目

 

札幌市の神待ち体験談

札幌で神待ちの出会いを狙った男性の体験談を紹介します。

 

※読みやすく一部編集しております。

 

札幌市 会社員 25才 男性

 

僕は普段、出会い系サイトはあまり使っていませんでしたが、「神待ち」という言葉を知り、興味を持つようになりました。しかし、あいにくここは札幌。全く家出してる人なんて見つかりません。

 

どうしても股間のムラムラを解消したくなった私は、仕方なく「すすきのの漫画喫茶とかでサクッと口で~」という書き込みに対してメールを送ることにしました。ひょっとしたら家出してる子かも知れません。

 

服装は〇〇で、すすきの駅の画面の横にいるよ。」とのこと。

 

すすきの駅で待ち合わせして、出会いました。

 

ギャルっぽかったですが普通に可愛い子!これなら、神待ちとか別に拘る必要ないか!と思いました。

 

僕は初めての出会いに感動しました。ビギナーズラックでしょうか?でも、緊張していました。相手の女の子も慣れていないせいか緊張していました。

 

お互いの緊張をほぐす意味も込めて、カフェに入りました。すすきの駅に繋がってるスタバです。話を聞くと女子大学生という事が判明。当然、家出してる状態ではありませんでした。

 

学校の話やサークルの話をした後に「じゃ、行こうか」と思って、ネカフェに行こうとしました。ネカフェの個室でフェラ抜き8000円という事でしたので。

 

女の子「やっぱ、無理。できない

 

ガーン!唐突に断られてしまいました。神待ちどころか割り切りも失敗…。しかたなく改札まで送ろうとしました。途中で彼女が「デート代として8000円は貰えませんか?」と言われて、それはちょっと…と返事をすると「やっぱり、やらないとダメかぁ…」と下を向く彼女。

 

分かりました。お願いします

 

そう言われました。若干後ろめたさもありましたが、ネカフェに行くことに。すすきのののネットカフェの自由空間のファミリールームに行きました。

 

最後に「いいんだね?」と確認してからフェラしてもらいました。意外とパクっと咥えてくれました。これが気持ち良い。あまりに気持ち良かったので、「本番してくれたら、あと1万円あげたい」と言ってみることに。

 

すると、「え!マジですか~。じゃ…」と言ってOK貰えたので、急遽ネカフェの個室ですがセックスすることに。ゴムは無かったので生外出しです。

 

やっているうちにあちらもまんざらでもない顔して感じていたので、めっちゃ興奮しました。ばっちり生でやって外出し!

 

神待ち少女探しのはずが、ただの割り切りの出会いになりましたが、美味しい思い出になりました。

 


このページの先頭へ