JKやJCの神待ち少女~女子高生や女子中学生と掲示板で会ったら

女子高生(JK)や女子中学生(JC)と神待ち掲示板で出会ってしまったら?18歳以下【アンダー】の家出少女は超えてはいけない一線!
MENU

JKやJCの神待ち少女~女子高生や女子中学生と掲示板で会ったら

JK

女子高生(JK)や女子中学生(JC)の神待ち案件は探しても見つかるものではない。

 

しかし、神待ちや援交募集をする18歳以下の少女は少なからずいるだろう。実際にニュースではオッサンとJKが援交した!などのニュースはたびたび見かけている。

 

では、JKやJCの神待ちの実態はどのようなものか?その暗黙の領域を紹介していきたいと思う。

 

※当サイトでは事実や情報の紹介をしているだけであり、決して推奨はしてない。
※18歳未満の児童との援助交際は犯罪なので絶対にしないでいただきたい。

 

ひと昔前の神待ち少女はJKやJCが多かった

1990~2000年代はJKによる援助交際が社会問題になるほど大流行。当時の神サイト「スタービーチ」が一世を風靡した時代だった。神待ちも全盛期で16~18歳の子を抱きまくった男は多かっただろう。あの時代なら本当にタダで出会って泊まらせセックス。という流れがあった。

 

しかし、出会い系サイト規制法ができたり、取り締まりが強くなって、あっという間にJKJCを抱ける時代が幕を閉じた。

 

Twitterもサイバーポリスの監視下!18才未満の神待ちは取り締まり強化

2018年の現在、女子高生との出会い系サイトの事情はメチャクチャに厳しいのが現状だ。

 

18歳に満たない児童がかかわる淫行や援交、家出(神待ち)などの取り締まりが強化され、Twitterでもサイバーポリスが監視をしている。

 

神待ち女子高生

 

ラインのID掲示板も一昔前までは、家出中の女子高生が援助を条件に援助交際を持ちかけている案件もあった。しかし、サイバーポリスによる補導の増加で、ID掲示板を利用して援交している男女は摘発されている。

 

出会い系サイト・アプリは年齢認証が義務化される

年齢認証を用いていない、出会い系サイト・アプリも同じだ。運営側による通報の義務化により、援交希望の女子高生の書き込みなどを監視して、当局に通報・報告する制度が進んでいる。それに違反すると、出会い系アプリを廃止せざるを得ないので、出会い系アプリの運営側も未成年の利用者に関しては監視制度を強めている。

 

JKJCの神待ち少女と出会うリスク

神待ち_JK

 

「実は・・・アタシ高校2年なんです(苦笑)」

 

っていうオチでベッドでやることやって、金を貰った後に告白するケースがそうだ。もしも、自分の自宅に連れ込んだ20才以上の男性であれば、冷や汗をかくのではないだろうか?

 

なぜなら、18才未満の女子高生とエッチをすると淫行罪によって検挙されてしまうからなのだ。

 

それに、自分の自宅を知られることで、様々な弱みを握られるとも限らない。

 

意図せずそのまま少女との援助交際に及んでしまい、その現場を警察に取り押さえられてしまうというケースもある。そして、意図しない少女との出会いの代償で実名で犯罪者として報道され社会的に抹殺されてしまう場合もある。

 

もっと最悪なケースになると、JKを介した美人局である。女子高生と共謀している男性が、エッチした男性を脅して金銭を巻き上げる事例などもある。

 

  • 援交の相手の財布からお金を抜く
  • 睡眠薬強盗
  • 脅迫

 

などといった被害にあう場合が多い。

 

特にこのような神待ちでの援助交際を希望しているような少女たちには独自のネットワークがあり、後ろにそれこそ不良グループややくざなどがついている場合もある。

 

このような非常に筋の悪い人間たちと共謀して美人局などの犯罪に走るケースも報告されている。

 

このような18歳未満の神待ち少女たちが犯罪を犯しやすいのは、神待ちで18歳未満の少女と援助交際したこちらも弱みがあるため、警察に相談することはないとたかをくくっているためである。

 

JKの援助交際は秘密裏に行われている

女子高生の神待ちは、ネット上では顕在化していない。例外はツイッターやSNSくらいのものである。それを問題視した警察は厳しい監視・運営側に通報義務を課して取り締まりを強化している。

 

その半面、年齢を誤魔化して神待ちや援交活動しているJK達が、セックスした後に発覚するケースも増えているのだ。知らずに性行為に及んだ男性にとっては悲惨である。

 

ネット上における厳しいJK援交の規制によって、地下に潜っているといった次第。この傾向はますます増えてくるのだと予測できる。

 

女子高生の神待ちは幻ではない。変わり身の術で存在しているのだ。

 

表向きでJKが神待ち募集している案件は補導、摘発の対象になっているのが現状だ。

 

最新女子高生(JK)の神待ち事情

現在、女子高生が神待ち援交で活動している場所は次の通りだ。ただし、絶対にアプローチしてはいけない。捕まらなきゃ良いという問題ではない。未成年と意図的に援交してセックスした場合は児童売春・児童ポルノ処罰法で厳しく処罰を受けることになる。あくまで参考がてらに情報公開する次第である。

 

ツイッターによる神待ち(表募集)

ツイッターは女子高生の家出募集のつぶやきを発見できる場所として有名だ。だが、サイバーポリスの監視下でメッセージのやり取りをして出会いが成立。しかし、待ち合わせ場所で補導、職質を受けるといった事例も多い。

 

年齢認証不要のSNS・アプリ(表募集)

ツイッターと同様に、年齢認証が不要の人気アプリもサイバー警察の監視下に置かれている。また運営者側も監視、通報、削除の義務を求められている。その中の網を潜って一部のJK達が神待ちしているといった次第である。

 

大手出会い系で年齢詐称しているJK(裏募集)

神待ち_JC
本人確認が必要な大手出会い系サイトでは未成年の利用ができないようになっているが、中には身分証明書を偽造してサイトを利用する少女もいる。18才以上だと思って出会ったが実は高校生だったというオチである。裏デリや援デリからの派遣といった可能性も否めない。

 

違法業者の援デリによる派遣(裏募集)

また違法な派遣業者が女子高生や女子中学生を斡旋しているケースも存在する。俗に言う援デリ・裏デリと言われるものだ。大手出会い系サイトのアダルト掲示版で18才以上の援交女性を装って売春男性に未成年を派遣するといった次第。

 

18才未満の家出募集の場合は「アンダー」という未成年を意味する単語や「見た目幼いんだけど!」というJK・JCを示唆する言葉を使って少女が神待ちで援助交際をしてくれる相手を募集しているので注意が必要だ。

 

援交のプロ女性による紹介(裏募集)

大手出会い系サイトなどで援交を募集している常連の女性達。彼女達の中には、自分の常連客に秘密裏に後輩や知人の女子高生や家出中学生を斡旋。5万以上といった高額条件を持ちかけて、その仲介手数料をピンハネして稼いでいるケースもある。

 

意外と出会ったらカンタン?

 

出会ってしまえばとんとん拍子でHできてしまう18歳以下の神待ち少女。

 

理由としてはそもそも家出少女が神待ちで援助交際に走る場合には親元から家出してきたなどの理由で非常にお金に困っている場合も多く、そして少女であるため手っ取り早く稼げる風俗産業においても仕事が出来ないのでお金も得ることが出来ないという状態になっているケースが多いためだ。

 

それでも、女子高生を家に泊めてはならない

18才未満の女子高生の家出を性的目的で擁護するのは検挙の対象となる。

 

もしも、家に泊めて性行為に及んだ場合は、犯罪に直結するので辞めた方が良い。

 

神待ちを目的にした掲示板やアプリを利用してのJKJCをターゲットとした男性も増えてきているため、犯罪の予防のため取り締まりの強化も必要とされているからだ。

 

アダルトサイトの中にはJKJCが利用していることを匂わせているところもあり、神待ち男性が犯罪に巻き込まれてしまうケースが増えている。

 

女子高生や女子中学生の家出は補導を通じて発覚!万が一家に泊めてしまっては大きな問題となることを絶対に忘れないようにしてもらいたい。

 

また少女と成人男性が深夜に共に行動している際、職務質問をされ未成年とわかった際には少女が補導されるだけではない。自分自身も調書を取られ犯罪者とされてしまうこともある。

 

女子高生の神待ちは都市部の繁華街で増えているため大きな問題となっている。

 

特に東京都内では年々条例が、厳しい方向へ改正されてゆく。その理由の最たるものが、女子高生の神待ち掲示版を通じた児童援交が原因となっているからである。

 

だから、18才未満の神待ち女子高生を家に泊めて、援助することは超リスキーな行動なので辞めた方が良い。法律違反により処罰を受けることになるからだ。

 

18才未満の少女との危ない出会い体験

出会い系サイトの無料掲示板で神待ちしている少女を探していたところ、家出女子高生と出会ってしまうというハプニングが稀にある。

 

その日は平日の夜、無性にセックスがしたくなり、出会い系サイトの掲示板を覗いたのだが、なかなかいい神待ちの書き込みは見つけられなかった。

 

しばらく出会い系サイトの無料掲示板を見ていて、「今日は無理かな~」と思っていたところ、19歳の少女からの書き込みがあった。ここで、イントだったのは書き込みの年齢が19歳だったということだ。

 

18歳という書き込みの場合、家出女子高生の少女などが神待ちでの援助交際のために年齢を偽っているという疑いを持つが、19歳になると1つ年齢が違うだけなのに一気になぜか安心感を持ってしまうという傾向がある。

 

今回はその心理的なトラップに見事引っかかった例になる。実際に約束がトントン拍子で進んでいき、1時間後に近くのターミナル駅前であうことになった。

 

JK_神待ち

 

しかし、待ち合わせ時間に現れた女の子を見てびっくり。明らかに少女といった面持ちだ。「本当に19歳?」と確認すると、「19だよ」と言い張ります。

 

ただ、ホテルに連れ込む前にファミレスに入り、そこであえて「自分は女子高生が好きだ」というようなことを言うと、「実は17歳の高2なんだよね。現在家出中なり。」とあっさりカミングアウト。

 

学生証も見せてもらって17歳であることを確認。その後、ショッピングモールの中にあるファミレスだったので、ファミレスから出た後にトイレに行く振りをしてそのまま逃げ去った。

 

16才の家出少女と合法的に出会いを作るには?

少女

16歳の家出少女との合法的な出会いを作るためにはそもそも16歳の少女がいる場所に行くべきであろう。基本的に16歳の家出少女は高校生であるため、学生と出会える場所といえば教育関係の場所になる。つまりは学校や塾といった環境だ。また、16歳のJKは習い事などを行っている可能性も高い。英会話やテニスクラブなどといった場所には16歳の少女と大人が一緒にいても不自然が無い環境にある。

 

このような環境で自然と仲良くなっていくというのが合法的な出会いを作るための唯一の方法になるだろう。そして、大人の魅力で16歳の少女をひきつけて交際を始めるというパターンくらいしか方法はない。また、交際に成功したとしても決して周囲に大っぴらにできる話ではないので、あくまでも秘密裡に交際自体は進めるようにしよう。

 

18才未満の女性と真摯な恋愛関係を証明できるものがないと人生を棒に降るでの要注意である。

 

※18才未満の家出少女と出会い系サイトで出会うことは条例により固く禁止されております。くれぐれも援助交際等は絶対に行わないようにしましょう。

 

18才未満の児童との援交・神待ちは絶対に行ってはいけません。

 

出会える系の神待ちサイト一覧


このページの先頭へ